インカ帝国時代からマカは飲まれていた

今では日本でも当たり前のようにサプリメントなどの形で売られているマカですが、実はその歴史はとても古いものだということをご存知でしょうか。

マカの歴史は、古くインカ帝国の時代まで遡ります。
この時代、マカは高級な食材とされており、上流階級の人間や、戦争で武功をあげた兵士に報奨として与えられたりしていたのです。

また、戦争の際に力を与えていたと言われているのもマカです。
インカ帝国があんなにも戦争で強さを発揮できたのはマカのおかげなのです。

ただ、マカの精力増強の効果が強かったために、パートナーがいない人は食べるのを控えるようにと言われていたりもしたと言われています。
傷ついた兵士にも与えられて、マカの体力回復の効果の恩恵に授かったという話もあります。

ただ、逆に兵士が摂取すると精力が高まりすぎて、性の乱れが起きたり、戦いに支障をきたすと考えられて禁止されていたという説もあります。
マカの歴史は奥深いですね。

そんなマカですが、実はインカ帝国が負けてしまうきっかけにもなったと言われています。
スペイン軍がインカ帝国へ侵攻した際の話です。
ヨーロッパからインカ帝国まではとても距離がありますから、移動手段として使われている馬は当然ですが、疲れてしまいます。

馬が疲れて動けなくなれば、侵攻することもままならなくなりますからかなりの痛手です。
そう、馬の体力というのも戦いの中では戦局を大きく左右するものとされていたのです。
この馬の体力を回復させようとマカを食べさせたところ、たちどころに馬が元気を取り戻し、結果インカ帝国との戦いに勝利することができたという伝説があるのです。
マカは今も昔も重宝されている万能な野菜だということがよくわかりますね。

現代ではマカの栽培地はペルーですが、ペルー政府の貴重な外貨の獲得資源となっています。
ちなみにマカ自体を市場で見ないのは、マカそのものの輸出を法律で禁じているためです。
知ってましたか?
これからもマカはその効果で人々に愛されていくことでしょう。

Copyright (C) たくさんの栄養が詰まった食品 All Rights Reserved.